ショートバス

ショートバス [DVD]

ショートバス [DVD]



オススメ度 ★★★★☆

《あらすじ》
幸せな結婚をしているが一度も絶頂に達したことのない恋愛カウンセラーのソフィア。新たなパートナーを探しているゲイカップル、ジェームズとジェイミー。リアルな人間関係を求めるSM嬢セヴェリン…
NYにあるアンダーグラウンドのクラブ「Shorbus」には、それぞれ“何か”を求める人々が集う。


※以下ネタバレありです


《感想》
とてもあったかい。

ヘドウィグアンドアングリーインチもそうだけど、
ジョンキャメロンミッチェルが撮る作品はあったかい。

ただこの映画に限って言うと
上のオススメ度という言葉が適切ではない気もしていて…

しょっぱなからなかなか過激なシーンで始まり
その後もその過激さが緩まることはないので
その表面だけをダイレクトに受け止めてしまう人にとっては
なかなか受け入れ辛い作品であることは間違いないから。

でも、その事実をクリアできる人には是非最後まで鑑賞してもらいたい
観た後、あったかい気持ちになるはず。


複数いる登場人物のなかで一番最初に登場するジェームズの顔を見ただけで
あ、きっとなんかいい作品だ
って思ったな
ひとつの表情に色んな感情が見えて


傷だらけでもがくヘドウィグに比べて
ショートバスはなかなか救いが多い作品だったように感じた
登場人物みんなの性格が穏やかだからそう感じるのかも


色んなピースのパズル
片面でハマっても
反対側の面は塞がらない
そこを一瞬でも塞ぐことが実はすごく大切なことだったのかも


この映画は「性」という切り口がために
酷評されているのを見ることも少なくないけど

性に、愛に、生き方に
色んな形があるのは自然なことで
歩いていく道すがら
色んな価値観と触れて
受け止め、あるいは受け入れて
ときに受け入れてもらいながらまた歩き出す

それでいいじゃない
それがいいな

一瞬でも、一生でも
信じて繋がることって価値がある

と思わせてくれる
そんな人間でありたいと思わせてくれる
そんな映画。

セヴェリンがジェームズに言う
彼氏とそっくり、ジェリービーンズみたい
って言葉が好き


ところで“戦争反対とSEXの園”に
ジョンキャメロンミッチェルが綺麗めに映ってた気がしたんだけど
気のせい…?